オートクチュール刺繍ジュエリーのこと

刺繍枠にシルクオーガンジーを張り

刺繍用のかぎ針と刺繍針を使って

糸、ビーズ、スパンコール、さまざまな素材を

ひと針ひと針刺繍していく。

当アトリエの作品は

モノトーンを華やかに

カラフルをシックにまとめる色づかいが特徴。


オートクチュール刺繍との出会い

 それまで自己流で制作してきた刺繍ジュエリー。

 刺繍が大好きでたくさんの写真や資料を見るうちに、オートクチュール刺繍というものがあることを知った。

 あらゆる素材が職人の手で美しくまとまっていく世界。

 だんだん、私もこんな刺繍ができるようになりたいな、って思うようになって。

 私の世界を広げてくれそう、と。

 

 

 都内のアトリエの教室を見に行ってみた。

 教室に飾られた美しいサンプルの数々。美しいだけじゃない。シックで大胆で精緻で。どうなっているんだろう?どうしてこんな風に表現できるんだろう?

 教室は遠いけれど勇気を出して通ってみることに決めた。

 はじめはテクニックを身につけることに一所懸命。

 慣れない道具、これまで扱ったことの無い素材。

 少しずつ慣れると、デザインに沿って自分なりに試行錯誤するようになって。

 何年も通うなか、なかなか自分のものができないと焦った時期もあったけれど、その間だってただ刺すことは楽しい。

 いつもこれが大好き、それは変わらない。

 そうしているうちに出来上がってきたのが新しい刺繍ジュエリーたち。

 心の中にある情景をそっと取り出して小さな空間に表現していく。それをテクニックが助けてくれる。

 たくさんの素材たち、色、質感、かたちも。

 自分と素材をテクニックで一つに空間に向けていくそのとき、いつも羽ばたくように自由でいられますように。